すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

援助 いちばん助かるのはお金

コロナで緊急事態宣言が出されました。

宣言が検討されているときに、サポートしているシングルマザーさんにはお金を送ることを伝えました。

オムツやミルクなども定期的に送っていますが、このような非常時にいちばん助かるのはお金です。

自分の好きなように自分の欲しいものが買えるからです。

つまり、電気と同じでいろいろなものに形を変えることができる。

 

f:id:finesukusapo:20200307135653p:plain

 

災害時に物を送ることはよく聞くでしょう。

被災したばかりのときは物は重要ですが、ある程度時間が過ぎた後はお金の方が必要なものをそろえやすいのです。

 

物は分別して相手に送り届けなくてはならず、人手と手間がかかります。

また、時期ごとに必要とされるものに変化があるため、被災者の要求とマッチしないことが多いですよね。

ですから、物よりも自分たちが何でも買えるお金を送ったほうがいいと判断しました。

 

以前被災された方から聞いたのですが、いろいろな物を送ってもらっても、その時によって必要なものが変わってくる。

被災した直後と、2、 3日経ってからでは欲しいものが全く違う。ある程度生活の目途がたってからはお金がいちばんありがたかったとのこと。

 

反対に、いちばん頭に来たのは「祈ります」だったそうです。

祈ってくれても何もならない。

まるで「啓発だけ」の活動みたいですね。

 

 

また、安否を問うメッセンジャーなどが一斉に送られてきたのも、スマホの貴重な電気を消耗してしまいうため迷惑だったそうです。

衝動に突き動かされていくよりも、冷静に相手の状況考えて対処してほしかったとおっしゃっていました。

 

自己満足に終わらないよう、相手が望むものを聞いて援助したいものです。

そして、お金は何にでも形を変えてくれるありがたい物。

いちばん役に立つのではと思います。

全ては縁起  

縁起という言葉ほど誤解されている言葉はないでしょう。

「縁起が良い」や「縁起が悪い」という言葉です。

吉凶をあらわす例えとして使われています。

多用されているため、それらが本来の意味のようにとらえられています。

 

しかし、本来の「縁起」は、「因縁から始まる」という意味です。

あ~、「因縁」も誤解が多い言葉ですよね。(笑)

「因縁をつける」は、「無理難題を吹っかけて相手に嫌がらせする」ということです。

なんか、いや~な言葉ですが・・・、もともとの「因縁」とは、「関係性」という意味です。

 

「私たちは因縁によって存在し、因縁を取り除いたら「私」と言われる確かな存在は微塵ほどもない」ということ。

つまり、私や物が最初ではなく、関係性があって初めて私や物が存在するということです。

これは、私のメンターの一人が常々おっしゃっていることでもあります。

 

 

f:id:finesukusapo:20200821193158j:plain

 

私は今、あるシングルマザーさんを応援しています。

あるサポートグループを介して彼女を知ったのが昨年の5月、現在7か月目ですね。

本当にひょんなことから彼女たちを知りました。

そのときは、彼女の生い立ちをざっと教えてもらい、

「これは一人で生きてはいけない。ことによっては子ども(0歳児)も道連れになってしまうし、虐待の連鎖も起こる可能性が高い。」と判断して、即、応援を決めました。

そのつながりも縁起の一つです。

いま、紡いだ縁起は太い糸となって、お互いをつないでくれています。

 

あとから、彼女が社会的養護(児童養護施設)出身ということを知りましたが、そんなことはどうでもないし、縁起の上では関係ない。

縁起は、社会的な決まりの中でどうこうするものではないのです。

 

「無量無数の因縁が私となっている、無量無数の因縁によって私が成り立っている」ということは、佳い因縁を紡いでいくことが人にとって大切だということ。

そのうえで「人」というものが成り立つということです。

 

さて、児童養護施設出身者を応援し続けている山本昌子さん。

1/12、13でNHKハートネットTVに出演されました。

https://plus.nhk.jp/watch/st/e1_2021011314596?cid=jp-J89PNQQ4QW

ぜひご覧ください。

 

彼女たちのしている事業は、社会的養護出身の人たちをサポートしていくこと。

これも「縁起」のひとつです。

それも、佳い意味での縁起ですね。

同じ環境に置かれた人たちが助け合っていくことですから。

 

 

まず、できるところから。無理して違う環境まで門戸は開く必要もない。

ここをわかっていないパーチクリンがいて、「同じ虐待なのに」と騒いでいますが、頭が悪いとしかいいようがない。

 

例を挙げて説明しましょう。

たとえば、上京した青森県人が「青森県人会」を作ったとします。

それを見た東北他県の人が「同じ東北なのに青森県だけ助け合うのはずるい。俺らも混ぜろ!」ってことは言わないですよね。

みんな自分たちの県人会を作っています。

個々に分かれて助け合うでいいのです。

 

さて、それを訳の分からない理屈で山本さんを非難する輩に言っておきます。

あなたが虐待に関するNPO法人をつくると理事を招集した時、「自助グループをつくる」という話でした。

それが、いつの間にか誰の承認なしで突然「啓発」に変わりました。

私には「啓発だけ」という考え方はありません。

啓発は一方通行のもの。

上から目線で、人に押し付けるもの。

啓発をするならば自助とセットです。

 

この法人化は当然大失敗に終わりました。

みんなはひどく傷つきましたし、特に私は経営者という立場での貴重な時間をたくさん無駄にしました。

その責任は、どのようにとってくれるのでしょう。

当時、私は一部上場企業との契約も控えていたので、余分な時間などなかったのですよ。

相談もなく身勝手な方針変更で全てが無駄になり、それにより傷ついた人や迷惑を被った人たち(とてもたくさんいましたね)への謝罪もしていませんよね。

謝罪はいつしてくれるのでしょう。

みんな謝罪を待っています。ずっとね。

 

それから、他人を非難する前に、なぜ自分と同じ属性を助けないのでしょう?

社会的養護から漏れた「貧しい人」はとてもたくさんいるのですよね?

物品やメンタルのサポートをしないのはなぜ?

なぜ自らが助けないのですか?

そういえば、「〇〇さんに助けてもらいました。」は、聞いたことないな。

山本さんたちは身銭を切ってやってますよ。

それが大きな輪になっていっただけです。

 

仲間の幸せを願う気持ちがあるか?

身銭を切ってまで助けたいという気持ちがあるか?

仲間の悲しみや苦しみを自分ごととしてとらえ、解決していこうという意志があるか?

ここなんですよね、大切なのは。

それが無ければ「人」ではなく、ただの「物」にすぎないですから。

 

 縁起自体はただの関係性なので、それだけでは良い悪いはありません。

でも、たいていの人の場合、同じ属性を選択します。

または、自分がなりたいと思うものを選択します。

昨日の「北国の青いおばちゃま」みたいにね。

 

北国の青いおばちゃまの記事はこちらよりご覧ください。

sukusapo-kids.hateblo.jp

 

つまり、関係性を良くし「私」を高めたいと思ったら、良い関係を結べる人と共生していくのです。

どちらを選ぶかは一目瞭然ですね。

 

それは、自分が選択した「縁起」なのですよ。

「北国の青いおばちゃま」が消えた・・・と思っていたら、敵側に寝返っていた!損得勘定がすごすぎる ( ゚Д゚)

損得勘定のまま動き、得な方にしかつかない「北国の青いおばちゃま」が忽然と姿を消しました。今まで行動を共にしていた人のところにも、ここ2か月ほど見当たらないのです。

 

「北国の青いおばちゃま」は、還暦を過ぎても超元気!

おまけに、目立ちたがり屋で、何にでも興味を示してのめりこむ。

でも、すぐに飽きてポイポイしちゃうのが「青いおばちゃま」の性格です。

 また飽きちゃってポイポイなのか、探してみたら・・・・

すごい、すごすぎる!!を発見しました。

 

f:id:finesukusapo:20210111184714j:plain

 

このおばちゃま、「長」のつく肩書きが大好き!

でも、一人では力不足なので、目立つ人にすがりつく。

ナンバー2ポジションを狙います。

ナンバー2ポジションが得られるならば、昨日の敵にでも突然すり寄り味方になる。

 

一昨年、その変わり身の早さに感心しました。

いや~「神」だわ!!

その立ち回り方がとてもうまいので、お手本としていつも観察するようになったのです。すごすぎる。

 

私は嘘がつけない不器用な性格のため、その世渡り術をぜひ見習いたいのです。(笑)

 

多分、「青いおばちゃま」の先祖は戦国大名で、下克上を乗り越えた人なのでしょうね。

でも、あの北国には戦国大名はいないので、後天的に身につけたのかな?

 

すごいのは「捨てる技」。

例えば、自分がフォローしていた人が暴走し自分に不利とみなした途端、即ポイポイしています。ほんとポイ捨てね。

すごい変わり身。

いや~見習いたいわ。

あんなふうに世渡りしていけたら楽ですよね。

ということで、探していたら・・・いました!!

 

この1年間、「青いおばちゃま」がフォローしていた人の敵側に!! ( ゚Д゚)

味方(フォローしていた人 )をあっさり捨てちゃったのですね。

そういえば11月以降、フォローしていた人のところに登場していなかったと思っていたら、こうなっていたなんて・・・絶句

 

もともと一昨年の裏切りも「本を出したい」という理由から。

本を出したい一心で、当時の味方から敵側に近づいていたのです。

しかし、見込み違いでした。

フォローしていた人物が力不足で、かつ、トラブルメーカー。

このままでは自分が出版できないと見限った途端、敵側の著作が多い方にべったりついちゃったのですね。

 

そりゃ、出版が1冊のみでしかも泣かず飛ばすの著者よりも、30冊近くを出版している人の方が魅力ですよね。

すでに、新しい方のところでコラムを書かせてもらっているようです。

その方の講演会では講師の一人にもなり、共著も視野にいれているとか。

すごい世渡り術です。

 

ポイポイされる人にはかわいそうですが、これが世の中ということなのです。

捨てられるのには訳がある!!

参考にさせていただきます。

いや~すごいわ!!

毎日1粒食べて、テンション上げる、安心させる、イメージトレーニングもできる【合格飴】

首都圏入試はこれからですね。

頑張っていただきたいです。

 

 昨日は「頭の飴」をご紹介しました。

sukusapo-kids.hateblo.jp

本日は、「合格飴」をご紹介します。

 

テンションがあがる「合格飴」

当地での中学入試は1/10で終了しました。

最後の追い込み期間、イメージトレーニングのお供は「合格飴」でした。

イチゴ味の金太郎飴です。

 

f:id:finesukusapo:20210111132747j:plain

合格飴

主原料は水あめと砂糖です。

 

f:id:finesukusapo:20210111132842j:plain

 

この合格飴を毎日1粒食べてもらい、

「合格飴を食べたから、絶対大丈夫!」と、自己暗示をかさせました。

保護者分も用意して、「家族みんなで応援!!」という雰囲気をつくったのです。

 

親には「落ち着く効果」がある

受検では、受験生本人以上に親が緊張、暴走することがあります。

これは、親として経験してみないとわからないものですが・・・

自分ではどうにもならないことなので、かえって不安になるのですよ。

それを防くだめにもお役立ちグッズでした。 

 100粒入っているので、みんなでシェアしてもいいですね。

 

下の画像から商品ページに飛ぶことができます。

合格飴

 

是非お試しください。

頭が良くなる?「頭の飴」

受験シーズンとなりました。

合格祈願グッズや、受験生に嬉しいグッズを紹介します。

 

f:id:finesukusapo:20210110202927j:plain

 

 

頭の飴??

頭の飴と書いて「かしら の あめ」と読みます。

飴の中に「誰かの頭」が入っているのではありませんので、ご安心ください。

イワシの頭も信心から」と言いますが、頭の飴は信じるものではなく、栄養素がギュッと詰まったソフトタイプの飴です。

 

私も食べましたが、懐かしい味でした。

大豆と黒ゴマが主原料です。

ソフトタイプのきなこ飴という感じですね。

美味しいです。

f:id:finesukusapo:20210110202959j:plain

 

大豆とゴマの栄養がぎっしり!!

受験生や働き盛りの方に向いています。

栄養素がバランスよく備わっている、大豆と黒ゴマ・白ゴマがぎっしり詰まっています。
大豆40%とゴマ10%入りの純植物性の飴です。

 

しかも、使っている水がただの水ではないのです。

天然中華麦飯石で作ったミネラル水を使用しています。

原料がすべて粉末素材なので、消化吸収が良いのが特長です。

吸収も早く、吸収率が良いからです。

受験生だけでなく、お子さまからお年寄りまで、どなたにもOK。

栄養満点の大豆と黒ごまの飴でお楽しみください。

 

 

頭の飴 ソフトタイプ 90g

 

 

お得な6個セット、10個セットもあります。

 

 

 

中学入試保護者ガイダンス終了

昨日、冬期講習の最後に中学入試生対象保護者ガイダンスを実施、無事終了しました。

 

昨日本日と、本県では中学入試です。

毎年入試生を抱える身としては恒例行事ですが、受験生とその保護者はそうではありません。

気を配りながら、しかし、飲まれることなく強く指導しています。

 

全ての事象には戦略が必要です。

戦略は第一に保護者に理解していただくため、保護者ガイダンスを何回も行います。

本日もたくさん語らせていただきました。

次年度以降の合格に向け、サポートさせていただきます。

 

「嫉妬はなりたい自分の裏返し」 彼女ををいじめるのは「彼女のようになりたい」から

あるアラフォー女性が、第一線でバリバリ活躍している20代の女性に、あの手この手で言いがかりをつけているのを見ました。

そこに、浮かんだ言葉は・・・・

「嫉妬はなりたい自分の裏返し」

 

いくら望んでも彼女のようになれないから嫌がらせをするのですね。

 

ターゲットとなった20代女性の

若さ

仲間との協力

人脈の広さ

活動量の多さと活動の質の高さ

ファッションセンスの良さ

イベント企画力

彼女の人望からくる周囲からの応援

彼氏がいること

youtuberであること

などなど

羨ましいですよね。

 

それに引き換えあなたは

仲間が離反

人脈無し

活動はSNSだけ

イベントは先細りか無くなる

他人からは憎まれる

彼氏なし

映像作れない

ですよね。

 

嫉妬は、なりたい自分の裏返し

 

f:id:finesukusapo:20210107022922j:plain

 

嫉妬すること自体が、相手に負けていることの証拠です。

 

これからも存分に嫉妬してみたらいかがでしょう。

それは、あなたの負けを実証してくれます。

 

そう、あなたは彼女に負けている、劣っている、とても追いつけない、絶対無理。

それがわかるから嫉妬するのですよ。

 

あなたは気づいています。

自分が世界一醜いことを。

嫉妬で醜さを代替していることを。