すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

あなたに合う色 診断します

\読者登録していただけると嬉しいです/

パーソナルカラーで 魅力的な女性に!

PTAの行事が続く時期ですね。参観日などで、魅力的なお母様に会う機会も多くなります。同じような装いでも人目を引くスタイルは、色が影響しているかもしれません。好きな色と似合う色とは違います。パーソナルカラー診断で自分に合う色を見つけてみませんか。 体験をお話しします。

f:id:finesukusapo:20190903132824j:plain

 


【 目次 】

● パーソナルカラー診断のきっかけ

● パーソナルカラー診断を受けるときに大切なこと

● 診断結果は?

● お勧めのパーソナルカラースタイリスト


 

パーソナルカラー診断のきっかけ

以前のわたしは、好きな色は寒色系、または黒。

スーツも黒色が多く、子どもの参観日に黒のパンツスーツで行き、「葬式帰り?」と、ドン引きされたこともあります。 初対面の方に「恐い人」と見られてしまうことも多く、相手を緊張させてしまうこともしばしばありました。

子ども相手の客商売ですから、色にはもっと気をつけるべきだったのでしょうね。他人の視線などはあまり気にせずに、日々過ごしておりました。

しかし、ある日、「黒色ばかり着ているとしわが増えるわよ。」と、アドバイスを受けたのです。セミナーでご一緒した方でパーソナルカラーアドバイザーでした。私の色遣いがとても気になったらしく、開口一番で言われました。

特に、「下着が黒」というのは縁起が悪いだけでなく、しわが増えて早死にしやすくなるそうです。健康も害しやすいとか・・・

それまでは「色で影響があるわけない。」とたかをくくっていたのですが、健康状態をふり返ってみるとたしかにその通りです。

その方も、私の顔の色や肌つやがきになって声掛けをしてくれたそうですが・・・・ 「色は大切よ。」と言われました。

このままではまずいな・・・と、反省。まず、自分が好きで似合う色、自分がハッピーになれる色を探してみることにしました。

やはり、似合う色で服を買い替えたいですし、自分に合う色の中で生活していくと心地よいです。

パーソナルカラー診断を受けるときに大切なこと

パーソナルカラー診断を受けようと決めたとはいえ、どこで受けていいのかわかりません。

町の中で看板の出ている美容院やエステティックなどと違い、パーソナルカラー診断のお店はほとんどないですよね。

美容院や化粧品メーカーのイベントを待つしかないと思っていたところ、ネット検索で見つけることができました。

送付した 画像から診断してもらえるので、忙しい身にも助かります。

選択基準は

● ネットでできる

● 経験豊富

● 私の好みや苦手な色も聞いてくれる

● お手頃価格

● 結果が速い

● アドバイスがていねい

です。

パーソナルカラー診断を対面でしてもらうと価格が高くなりますし、メイクをそこで落としてとなると手間ですから、ネット上で完結できるのが第一条件です。でも、アドバイスもしっかり欲しいという少しわがままな注文です。(笑)

 

ネットで調べるといろいろな方がヒットしますが、一つ一つ当たっていくのは大変です。

そんなときの強い味方、ココナラのサービスがあるので、その中から選んでいくといいですね。 口コミもあるので、選択基準になります。   

 

結果は?

寒色と暖色の診断では、肌の色から見て中間色だそうです。

寒色系はすべて大好き、暖色系でもはっきりした色合いが好きだったので、ちょっとがっかり。 でも見方を変えれば、寒色暖色とらわれず幅広く選べるということですよね。 四季ごとのファッションや、フォーマルな装いでのアドバイスも受けました。とくに、フォーマルな席では第一印象が大事。合う色を装うことは好印象になります。何色を着れば元気に若々しく素敵に見えるのか、知っておきたいですね。

 

衣装だけでなく、メイクも肌の色と合わない組み合わせをしていたので、思い切って合わないものを断捨離、次からは合う色で選びます。

好きな色が似あう色とは限りません。他人からの「似合う」は色だけでなく柄や形まで含めてなので、自分の合う色は見つけにくいです。プロに任せてみる方がいいですね。

お勧めのパーソナルカラースタイリスト

わたしのお勧めはフェアリーさんです。10年間、1000件以上のパーソナル診断をしてきた超ベテラン。

 下の画像をクリックすると、ココナラのフェアリーさんのページに飛びます。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

 写真を送付するだけで、

● 似合う色のタイプ

● 似合う色のトーン(トーン表の添付)

●「似合わない」とされる色(好きな色)の取り入れ方

● 似合うメイクカラーや似合うヘアカラー

● なりたい雰囲気を出すコツ

● コンプレックス部分の軽減方法

● セカンドシーズン(カラーチャート添付)

を診断してくれます。

人によっては色の取り合わせを大幅に変えなくてはいけないので、コンプレックス部分の軽減方法はとても助かります。

しかも、手持ちの洋服を着用した写真を添付すると、好きな色とお似合いの似合う色を上手く使いながらセンスのあるファッションアドバイスをしてくれます。(1人1枚まで、ファッションアドバイス希望と記入)

 

ファッションの基本は「自分に合う色を知ることから」

ぜひ、パーソナルカラー診断をお試し下さい。