すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

ワールド・ビジョン【チャイルドスポンサーシップ】の4つのメリット

\読者登録していただけると嬉しいです/

ワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・ アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)の3つを行う国際NGOです。活動は135国を数えます。 子どもの支援では、月々4,500円の寄付で発展途上国の子どもたちを支援する【チャイルド・スポンサーシップ】が有名です。

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

寄付をするというと、相手に与えるだけと思われがちですが、寄付をする側にも恩恵があるのをご存じでしょうか。


【 目次 】


1.寄付金控除等の対象となる

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、「認定NPO法人」です。この法人に寄付すると、寄付金控除等の対象となり、最大40パーセントが控除されます。 認定NPO法人制度による寄付金控除等の対象には、個人、法人、相続または遺贈の3種類があります。

個人の控除

個人からの支援金は、特定寄付金とみなされ、寄付金控除等の対象となります。 年末調整等ではなく、確定申告で行います。 確定申告書提出の際に、毎年1月ワールド・ビジョン・ジャパンから発行される「領収証」を添付してください。

法人の控除

一般の寄付金等の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入をすることができます。決算時期を知らせると、決算月の翌月に、1年分の「領収証」を一括送付してくれます。

相続または遺贈の控除

相続または遺贈により財産を取得した方が、その取得財産等を相続税の申告期限内に寄付した場合、一部の場合を除き寄付金額には相続税が課税されません。

詳細は、下記リンクから→募金/寄付・協力する→寄付金控除等/領収証に移動してご覧ください。

2.感謝される

手紙などで支援を感謝されます。感謝されることはもちろん、嬉しいです。それだけでなく、「人のために行動する」ことの清々しさが活力となり、新たな目標が生まれます。

3.グローバルになる

2/2(日)に国際的なNPO団体が集まる講演会に行ってきました。そこで皆さんが異口同音におっしゃっていたことは「グローバルな人材になるには、グローバルな人たちと接することでしかない。」でした。 やはり、違う文化を持った人と付き合っていくと言うことが大切なのですね。日本のように閉鎖的な社会では考えが固まってしまい、それが変化や発展を妨げていることがあります。別の国の子どもたちを通して、相手の文化を知るということが大切ですね。特に、成長過程にある若い方には必要だと思います。

4.発展途上国のパワーが刺激となる

チャイルド・スポンサーシップではないですが、私にはバングラデシュに里子がいます。もう5年以上サポートをしています。今年、バングラディシュの東大と言われるダッカ大学に入学しました。勉学に対する意識がとても高いです。 同湯用に、ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップには、勉学に熱心な子供たちが多いようです。熱心に勉強に取り組む姿や、その積極性には頭が下がります。また、発展途上国には独特なパワーがあり、その中で真摯に生きている人々からは刺激を受けています。

まとめ

ワールド・ビジョン・ジャパンの【チャイルドスポンサーシップ】は、1日あたり150円、月々4,500円の寄付で発展途上国の子どもたちを支援します。その恩恵は支援される子供だけでなく、支援する側にも税金控除できる、感謝される、グローバルな人材になれる、パワーをもらえるというメリットがあります。

途上国の子どもたちの1対1の支援プログラム