すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

「児童・生徒のマスクは白!」と騒ぐおバカが やはりいた(笑)

「休校終了後、こういう馬鹿が絶対出るよね」と、友人と話していたら、やはり出ました。この大馬鹿野郎が・・・・(笑)

f:id:finesukusapo:20200325164830p:plain

北海道新聞に掲載された北海道札幌市の学校の例ですが、Yahooジャパンニュースに載ったので、全国的に有名になりました。(苦笑)

学校って、どうしてこういうことをやらかすのか不思議です。

使い捨ての白マスクなど、今やどこにも売っていないのに・・・

世間を知らないのか、浮世離れしているのか・・・

 

www.hokkaido-np.co.jp

 


【 目次 】


 マスクをしないのには訳がある

そもそも使い捨てマスクがない

人ごみの中に行くときに、皆さんマスクを着用していますよね。
特に、病院に入るときには必ずマスクの着用を求められます。しかし、マスクをしていない人もちらほら見かけるようになりました。
危機感がないのかと理由を聞いてみると「マスクがない」のだそうです。

 

そういえば、ドラッグストアからマスクがなくなってからて、かなりの時間が経ちます。1か月ほどたつのではないでしょうか。

f:id:finesukusapo:20200326163327j:plain

最近では、ドラッグストアの「マスクは完売しました」の文字がだんだん大きくなってきています。張り紙は最初はA3くらいの紙でしたが、今は模造紙サイズにでかでかと書かれています。

それでも、ドラッグストアの前には早朝から行列ができるのです。切羽詰まっているのでしょう。

 

病院で以前はバラで売ってくれたマスクも、転売騒ぎのあとでは一切無くなりました。マスク転売で財を成した静岡県議会議員の影響ですね。

よって、現在、使い捨てマスクにはほとんどお目にかかることができません。

プロのつくる布マスクしか流通していない

紙マスクがなければ布マスクを探しましょう。

布マスクはドラッグストアには売っていないので、webで探します。

意外にも、ミンネやクリーマのような手芸のwebサイトには布マスクが登場しています。手芸作家が作るだけあって、機能性もよさそうです。値段は、1枚500円以上。なかなかいいお値段ですが、背に腹は代えられません。

ガーゼやハンカチを使い自分で簡単に作れる布マスクもありますが、そこは、やはりプロが作るものは素晴らしい。見栄えが良くて長持ちします。顔にフィットしてとても良いのです。おしゃれで機能性が高い作品です。


色や柄、材質もいろいろあります。

たとえば、花柄や(ちょっとパンツみたいですが)、フリルがついたもの(ブラジャーみたいなものもあります)、デニム、あるいは通気性が良く臭いがこもらないような布で作ったものもあります。衛生面で必要というより、おしゃれなアイテムという感じですね。

布マスクで困ること

とてもおしゃれで何回も洗える布マスク。エコで環境にも優しいのですが、困ったこともあります。

殺菌しなくてはならない

布マスクは洗って何回も使えます。それはいいとして、ウィルスを洗濯だけで殺せるかという疑問が残ります。専門家は手洗いしてアイロンがけをしておくのがいいと言っていますが、正直言って、めんどくさいです。(笑)

学校が始まったら、子どものために毎日やらなくてはならないのかと思うと、気がめいりますよね。

シンプルな白がない

布マスクはとてもおしゃれなのですが、反対に白いマスクがあまりありません。

白い布マスクは、「昭和時代の給食当番」を思い出させるせいでしょうか。ほとんど見かけません。色柄ものやワンポイントが入ったものなどが多くなっているようです。

今回の「白いマスクしか認めない」とされて困るのは、白いマスクが市場に出回っていないからでもあります。

白いマスクを強要するのは下着の色検査と同じ発想

これは、「服装の乱れは風紀の乱れ」という、時代遅れで根拠のない考えに基づいた指導です。白いマスク以外は風紀を乱すというならば、反対に、赤いマスクをつけていたらヤンキーになりましたとか、花柄のマスクをつけたら不良になりましたという事例を挙げてほしいです。

 

本の学校は理不尽な規則で児童・生徒を縛りつけます。

例えば、靴下や靴は白でなければいけない、前髪は眉毛までで後ろも肩についたらしばる、パンツは白に限るなど。

私は白いパンツ自体が絶滅危惧種だと思うのですが、いかがでしょうか。皆さんの中で、白いパンツをはいている方はどのくらいの割合なのでしょうか。汚れが目立つパンツですよね。(笑)

 

このような指導が横行しているので、マスクについても「絶対に白しかダメ」という意見が出ると思っていましたが、やはり出ましたね。

しかし、これには多くの反対意見が出たそうです。大体白がないし、「白でなくてはならないという明確な根拠」もありません。

マスクの色のチェックより、学習指導をしてほしい

教師の仕事は学習指導、マスクの色チェックではありません。

優先順位をしっかりつけ、やるべきことをきっちりとやってもらいたいです。

休校期間の3週間の遅れを、新学期からの限られた期間で埋めなくてはなりません。新学期は、学級経営の上でただでさえ大変な時期、それに全学年の学習指導が入るのですから、「死に物狂いでやる」ことが求められます。

もちろん、ウィルス伝播を防ぐ指導も入り、例年よりも何倍も大変で混乱したものになるでしょう。

だからこそ、マスクの色指導のような細かいことなど、どうでもいいのです。

まとめ

北海道札幌市で「校則でマスクの色は白とする」という指導があったそうです。これには反対意見が多く教育委員会より「マスク着用が優先」とされました。

飛沫感染を防ぐ目的で使用するのに色など関係ない。

使い捨てマスクが入手困難な中、それを言うなら言う側が白いマスクを用意すべきでしょう。そもそも、非常時にこんな校則を持ち出してくるのはおかしいし、校則自体が時代遅れですね。

新学期は休校のせいで通常よりも学習指導が多くなり、しかも、ウィルスの伝播防止に努めなくてはなりません。優先順位を決めて学習指導第一でお願いしたいです。