すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

家族全員厄年! 今年の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

\読者登録していただけると嬉しいです/

みなさん、昨日の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)、茅の輪(ちのわ)くぐりに行かれましたか?

 

f:id:finesukusapo:20200701102945j:plain


【 目次 】


夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)は、半年ごとに人形(ひとがた)に託してはらい清める神事で、神社の行事です。師走にも大祓と並び、半年間知らず知らずのうちに犯している罪やけがれを、清めます。

茅(かや)で作られた大きな茅(かや)の輪をくぐる「茅の輪(ちのわ)」が行われます。くぐるときには独特の作法があるそうです。

6月30日に行われますが、茅の輪自体は数日間、長いところだと一か月間ほど参拝客に解放されています。

 

家族全員「厄年」だった!

この夏越しの大祓神事の時間を調べていて、大変なことに気づきました。

家族全員が厄年だったのです。

それどころではなく、こちらで新しく子どもになった方も厄年。

sukusapo-kids.hateblo.jp

普段は全く気にしていないのですが、びっくりしましたね。

 

なんで今まで気がつかなかったのか。

それは、コロナがあったからです。

コロナウイルスインパクトがあまりにも大きすぎて、他のことはかすんでしまったのですね。

 

以前の厄年では?

厄年のときは、私も子供もおみくじで凶を引きました。

凶はあまりないので、希少価値なのですが(笑)、あまり気持ちのいいものではありません。

 

以前、サークルの先輩が目の前で引いた年、先輩は心臓疾患で入院されました。

わたしも入院しましたし、子どもは受験に失敗しました。

たかがおみくしですが、運勢を表してくれるのでしょうかね?

 

こちらはノリノリのおみくじです。鯛釣りおみくじでお子さんに人気がありそう!

f:id:finesukusapo:20200701103016j:plain

あまり凶は出そうにない?(笑)

 

厄年の考え方

「本来は身体の不調が出やすい年齢なので、無理せず気をつけなさい」という厄年。その通り、無理をせずにいきましょう。

あんまり深く考えると、かえって精神的に不調になってしまいます。

 

数学のように、マイナスでも、偶数回乗じるとプラスになると考え・・・・あっ、家族人員数は奇数でした。かけてもマイナスじゃん。

なら、一人をゼロにするとか・・・(笑)

 

 

以前の厄年と違うのは、「困難があってもそこから何かを得て立ち直っていく術を心得てきた」ということですね。

それは、やはり人生経験から得たものは大きい。だてに長生きしていないということですね。(笑)

今回のコロナも非常に大変なですが、この中から何かを掴み取っていけばピンチをチャンスに変えるかもしれない。そう思って毎日を過ごしています。

 

昨日の夏越の大祓は、コロナウィルスのために神職の方だけや規模を小さくしてなど、普段の年とは違いました。どの神社に行こうか迷っていたのですが、突然の大雨。

あ~、どこまでも厄年です(笑)