すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

現在進行中!! ネット中傷・嫌がらせ【その5】トラブル主のかつての仲間の感想

\読者登録していただけると嬉しいです/

1年間で7件(マスコミや行政も含めるとそれ以上)のネット中傷を繰り広げている人。

その姿を、そのトラブル主のかつての仲間たちはどう見ているのでしょうか。

 

かつての仲間の感想

自称虐待サバイバーのネット上での暴走を、かつての仲間はどう見ているのでしょうか。

実は、この人の暴走が起こるたびに、仲間内では話題になっているのです。

f:id:finesukusapo:20200818090743j:plain


 

第一位

「あの人と同類には見られたくない」でした。

「迷惑」という意見もありましたね。

ただでさえ日が当たりにくい状態で偏見もあるなか、みんな必死で頑張っているわけですよ。

その中で、同じ属性を持つ人がいろいろなトラブルを引き起こせば

「あの人たちはやっぱりね。」となってしまう。

トラブル続きで、もうその人の存在自体が加害なのです。

これもみなさん言っていましたね。

本当に迷惑です。

 

第二位

「やっぱりね。私もやられたもの。」というもの。

協力していくからこそ仲間なのに、いきなり訳の分からない理由で攻撃される。

みなさん、そういう経験をしてきてますから、今回の行動にも納得です。

仲間に加わったことで起きる二次被害。深刻です。

 

仲間を大切にしないのは、自分だけが利益を得たい、有名になりたいからです。

だから、何一つとして成功しないのでしょう。

本人は自業自得で済みますが、周囲はとても迷惑なのです。

 

第三位

「知ってますよ。去年からずっと見てました。」でした。

見ていての感想は、「みっともない」でしたね。

他人のことですが、見ていて恥ずかしくなる。

だからこそ、同類だとは思われたくないとなるのでしょう。

 

第四位

 「またなの?!」というもの。

コミュニティの中でも繰り返していましたから、対外的でも繰り返しますね。

みなさん、事情はわかっていらっしゃる。

 

仲間のことを考えていない

やはり、普通の感覚を持っている方たちはこう感じるのでしょう。

どんな経験をしてきても、自分や周囲を大切にする人はいます。同時に、その反対も少数ですがいます。

人はネガティブに惹かれるので、後者が目立つだけです。惑わされないようにしたいですね。

かつての仲間で、また自称虐待サバイバーの活動に賛同したい人は皆無でした。

その暴走を経験するとよくわかります。

 

それに、本当に困っている仲間のために行動するならば、本の印税は仲間に寄付すると思うのです。

 

逆境でも他人を幸せにする人

f:id:finesukusapo:20200818090708j:plain

Three Flagsのまこさんは、4年前から素晴らしいACHAプロジェクトというボランティア活動をしています。これは、成人式の振袖をそろえられない社会的養護出身の方たちに振袖を着て写真撮影をするものです。振袖レンタルや写真撮影は高いですから、親の後ろ盾のない社会的養護出身者には無理でした。

※ACHAプロジェクトは下のリンクからご覧ください。

ACHA PROJECT

今では多くの方が賛同して、毎年たくさんの夢と希望を届けてくれています。

 

Three Flagsキャンペーンご協力のお願い

 

Three Flagsは今まで社会的養護の人たちだけでなく、虐待に苦しむ人たちに発信、活動をしてきました。

是非、温かいご協力をお願いします。

 

Three Flagsのキャンペーンを応援をお願いします。

chng.it

 

社会的養護話すべて敵とみなす言動を繰り返してきた人により、キャンペーンに陰りがみられています。いきなりの横やりに負けず頑張ってもらいたいです。

※事情はこちらで説明しています。

 

sukusapo-kids.hateblo.jp

 

まとめ

同じような体験をしてきても、自分や他人の幸せを願い行動する人と、すべてをぶち壊して他人を不幸に陥れる人がいます。

同調するならば前者にしたいですね。