すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

おめでとう!!嬉しいね 幸せな夢をかなえる秘訣だよ ♪

\読者登録していただけると嬉しいです/

この一週間、事情があり「不幸の製造機」のような話題を提供してきました。

自称虐待サバイバーの理不尽な横やりで傷ついた人も多いですし、何よりもキャンペーンへの妨害、そして社会的養護への差別をあぶりだしました。

しかし、不幸をつくった自称虐待サバイバーの悪名がとどろき渡ったのも事実です。

同様に、全国の、いや全世界の社会的養護を敵に回したことも。

多分、本人はそれがわかってないで行動しています。(笑) 

さて、不幸を呼ぶ大バカ者の話題はやめて、穢れを払います。

 

不幸な話題は不幸を呼び込みますから、これからは幸せいっぱいのお話をお伝えしていきます。

 

 ビジターの方に幸せが舞い込んできますように♪

 

f:id:finesukusapo:20200821193158j:plain

ご結婚&アメリカ移住おめでとう

私と同じコーチからコーチングを受けていた知人がアメリカに出発しました。

コロナ禍で海外にわたるのはどうなることかと気をもんでいましたが、無事アメリカに着いたそうです。

国際結婚による移住で、ご主人はアメリカ人。素敵なパートナーです。

ここまではそんなに特別なことではないかもしれません。

しかし、ここにたどり着くまでの道のりがすごかったのです。

 

そう書くと、「努力、ど根性のたまもの」だとお思いになるでしょう?

いいえ、違います。本人が招いたHAPPYの連鎖なのです。

 

幸せいっぱいな彼女のこと

彼女はシングルマザーで小学生の男の子が二人おられます。

運動大好きな完全体育系、30代後半とまだお若いのに大学の准教授です。

専攻は救急救命です。

 

ちょうど、私の教え子が進学した大学だったので、ちょっとびっくりでした。

そのときの私と教え子の会話です。

私   「〇〇先生って知ってる?」

教え子 「前期で履修している△△学の先生です。」

私   「えっ?? 実は、彼女は友達です。」

教え子 「えっマジすか??」

笑えるでしょ?

 

彼女の専門は救急救命学なので、災害が起こるとすぐに現地に飛びます。

大学のバスに救援物資を山ほど積み、支援に行くのです。

もちろん、授業の合間にです。

 

そのほか、海外の大学から視察の教授たちと研究会を開く、自分も海外に視察に行き、セミナーの講師もする。

もちろん英語です。

 

資格も多く取得されていました。

救急救命で命を救っただけではなく、その後の問題、つまり日常に戻れるようにしていくことを考えていたためです。

 

博士号取得

その忙しい中、大学院にも通い、とうとう博士号も授与されました。

修士だったのは知っていたのですが、あれだけの激務の中でいつ研究して論文を書いていたのか不思議です。

多くの大学院生の中、今年は2人しか博士号取得者がなかったそうです。

それだけ難しかったということですね。すごすぎる。

この人、眠らないのではないのだろうか???

 

アメリカでは博士号取得者が優遇されるので、アメリカでの職探しは楽かも・・・

というより、彼女のことなので、もう新しい職場は決まっているのかな?

 

国際結婚に向けて

彼女は以前から、海外での活躍を望んでいたので、定期的に海外のコーチングを受けていました。

もちろん、英語の勉強もかなりしていました。

アメリカの大学に国費留学制度があることを聞き、幾多の選考をパスして合格、その研修先で知り合ったのがパートナーなのです。

同じ仕事で、趣味も考え方もピッタリという、パズルのピースがピタッと合った出会いでした。

 

国際結婚による移住は現在では難しくなっています。

そのために3年間の準備期間が必要でした。

とかく、待つだけになりそうな準備期間。

その間、日本とアメリカを行き来しながら、仕事はしっかり、ボランティアや研究をしながら、博士号まで取得する。とてもアクティブですよね。

 

みんなが祝福してくれる人柄

実は、結婚式や披露宴は行わない予定だったそうです。

パートナーが来日している間、彼女の誕生日パーティを友人たちが企画。

「直前に籍も入れたことだし、それならば結婚パーティもやっちゃおうよ」ということになったという、サプライズ!!

彼女もパートナーもびっくりでした。

 

このように友人が祝福したり、手伝ったりしてくれるのは珍しくありません。

一緒にいると楽しいので、みんなが集まってくるのです。

そういえば、彼女の笑っているところしか見たことないな。

 

ママが笑っていると子どもたちも笑いが絶えないのですね。

お子さんたちも笑っているところしか見たことがありません。

 

幸せを引き寄せた秘訣

f:id:finesukusapo:20200723213009j:plain

明確な目標

いつもすごいなと思うのは、目標が明確なことです。

ふつう、シングルマザーで准教授になるのさえも難しいと思うのです。

しかし、すんなりと着任。

そして、「こうありたい」という明確な目標を立てています。

しかも、その通りに進んでいる。すごすぎます。

 

半端ない行動力

「幸せって引き寄せるのですね。」とはよく聞きますが、心で願っているだけでは結果は出ません。

彼女の行動力は半端ない。

 

二日前まで救援物資を持って熊本にいたのに、今エジプトにいるの??

ええっっ!!

ニュージーランド弾丸往復??

いつもこんな感じでどんどん行動していきます。

明るく前向きなので、協力してくれる人が多い。

この協力者の多さも成功のレバレッジなんでしょうね。

 

お幸せに~♪

彼女は、自分の力だけでもどんどん幸せになっていくのだろうな。

でも、言わせてください。

「お幸せに♪」