すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

Go toキャンペーン 宿を選ぶときにはここを見て!!

\読者登録していただけると嬉しいです/

先月、Go toキャンペーンを使い、旅行をしてきました。

泊まりたかった宿に泊まれて、大満足!!

ちょっと天候には恵まれませんでしたが、いい思い出ができました。

セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン

 

これからは、経済を回していかなくてはならないので、Go to キャンペーンは利用したいと思っています。

でも、「利用したいけれど、どうかしら。」という方もいますよね。

そんな方たちのために、参考になればと思います。

 

コロナ対策を事前にチェック

各ホテルや宿泊場所のコロナ対策を先にチェックしました。

弊社でもかなり真摯に取り組んでいるので、厳しくチェックです。

ポイントはここでした。

・検温

・密が避けられる環境

・アルコールなどの消毒

パーティション

・換気

・連絡先の控えなどで追跡可能か

・マスク

 

 検温

検温は、今は自動でやっているところが多いです。

ひとりひとり検温は大変ですからね。

 検温スペースを通り抜けるだけで体温がわかり、安心でした。

 

密が避けられる環境

人が集まるところといえば、レストランですね。

机と机の間隔や、一度にどのくらいの人数が入れるのかを聞きます。

 

アルコールなどの消毒

建物の入り口や、レストランやトイレなどです。

また、器具の消毒はどうなっているかも明記しているところを選びました。

 

パーティション

フロントや商品の売り場にパーティションがあるかです。

 

換気

空気の入れ替えをしているかどうかです。

連絡先の控えなどで追跡可能か

運悪く、たまたまそこに要請の方がいた場合、後から追跡できるようになっているかを確認します。

 

マスク

マスク持参は当然なのですが、忘れてしまった場合、買えるかをチェックします。

職員の方たちは必ずしていますよね。

 

感じたこと

寒さ対策は万全に!

まず、寒いです。(笑)

人が少なくて、換気し続けているので当然ですが、上着は多めに持って行ってください。これからの季節は特にです。

 

バイキングも気をつければ大丈夫

レストランがバイキング形式でも、使い捨て手袋やアルコールで万全な対策をしているところならば、心配はいらないと思います。

職員の方たちの方が神経質になっているため、マスクは必ずしていってください。

 一人でも感染者を出せばホテル側のデメリットが大きいため、宿泊者も気をつけたいものです。

 

まとめ

Go toキャンペーンを利用しました。キャンペーン宿泊施設はかなり気を配っていますので、安心して旅を楽しむことができました。

ただし、換気のために寒いことが予想されます。風邪をひかないように、いつもの旅行より着るものを1枚余分に持って行くことをお勧めします。

セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン