すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

【e-live】コロナ禍で注目、オンライン家庭教師

\読者登録していただけると嬉しいです/

「塾に行っていたのだけど、コロナが心配で家庭教師に代えました」というお声を聞くようになりました。そういう方には、私はこうお勧めします。

コロナの第3波がはっきりしないので、オンライン家庭教師にしたらいかがですか。

 

楽しく勉強できる!オンライン家庭教師

 

濃厚接触が怖いから家庭教師にする?

濃厚接触するので、集団が怖い・・・

よくわかります。

 

でも、家庭教師も集団から来るのです。(笑)

彼らは専業ではないですから、昼間は学校や会社に行っているわけです。

つまり、昼間は会社や大学という集団の中にいます。

学校とは違う集団を経由して来ますし、マンツーマンで向きあえば濃厚接触となります。

規模にもよりますが、大学や会社は小・中・高校よりももっと接触する人の種類が多いのですね。

 

特に、成人している人の場合はスナックや居酒屋などに行くことも想定できるわけで・・・これからは忘年会のシーズンですから、どこで誰と接触してくるかわからない。

マスクはしていても、体温管理や手洗い消毒なども個人ではなかなか徹底していません。同調圧力がないと難しいでしょう。

 

濃厚接触とは

以下、厚生労働省HP新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

より引用(2020年11月18日引用)

 

問3 濃厚接触者とはどのような人でしょうか。濃厚接触者となった場合は、どんなことに注意すればよいでしょう。
  濃厚接触者は、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。
濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は上述のとおり、

1.距離の近さと

2.時間の長さです。

必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。
 新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった方々について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。接触確認アプリを利用いただくと、陽性者と、1m以内、15分以上の接触の可能性がある場合に通知が行われ、速やかな検査や治療につながります。詳しくはこちらをご覧ください。
 なお、15分間、感染者と至近距離にいたとしても、マスクの有無、会話や歌唱など発声を伴う行動や対面での接触の有無など、「3密」の状況などにより、感染の可能性は大きく異なります。そのため、最終的に濃厚接触者にあたるかどうかは、このような具体的な状況をお伺いして判断します。
 濃厚接触者と判断された場合は、保健所の指示に従ってください。濃厚接触者は、感染している可能性があることから、感染した方と接触した後14日間は、健康状態に注意を払い(健康観察)、不要不急の外出は控えてください。

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、対面で人と人との距離が近い接触が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高いとされています。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の意見はこちらをご覧ください。

 また、速やかに感染者を把握する観点から濃厚接触者についても原則検査を行う方針としています。(https://www.mhlw.go.jp/content/000635506.pdf
 なお、検査結果が陰性となった場合であっても、感染した方と接触した後14日間は不要不急の外出を控えるなど保健所の指示に従ってください。
 詳しくは、濃厚接触者と判断された際に、保健所から伝えられる内容を確認してください。

 

上記記事の中で、特に気になるところは、「1m未満で15分」と「発生を伴う対面」のところですね。

完全に濃厚接触じゃん・・・・

 

オンライン家庭教師がお勧めです

濃厚接触や集団感染を恐れて家庭教師にするならば、オンライン家庭教師がお勧めです。

ただし、オンラインに慣れているところです。

コロナ禍からオンラインに取り組み始めたところは、まだまだだと思います。

 

e-liveさんの母体はs-liveという個別指導塾です。

s-liveについては、弊社のコンサルタントとご縁があった関係で、話を伺うことがありました。

会社として豊富な知識と経験値があり、オンラインには10年以上前から取り組んでおられたので、今回のコロナ禍で業績を伸ばしています。

 

 

いい先生は早い者勝ち

これから受験の時期を迎えます。

家庭教師の世界にも、もちろん需要と供給があります。

12月以降は、需要に供給が追い付かず、なかなかいい教師に巡り合うことが難しくなるので、今のうちに探しておくことをお勧めします。

本当に、早い者勝ちですから・・・・

 

まとめ

コロナの第三波が懸念されています。感染の危険のない 「オンライン家庭教師」をお勧めします。いい先生は予約が埋まりやすいので、早い者勝ちです。