すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

不安を少なくしてあげること それがいちばん大切

\読者登録していただけると嬉しいです/

 今、仲間内で勧められている漫画です。

鬱病を罹患した人の回復した過程がわかりやすく著されています。

 

私自身は鬱病になったことはないのですが、コロナの影響で社会全体が鬱々していますよね。

全世界が鬱に傾きかけているかもしれない。

 

twicomi.com

 

この漫画の主人公は、精神科医認知療法、カウンセリングやNLP、心理学、催眠療法などなど試していくのですが・・・・

どれが効くかは本人次第なのでしょうね。

 

読者のみなさまは、どんなことをして心身を健康に保っていますか?

 

私は何かあればメンターのCDや書籍にじっくりと浸ります。

大体それで解決しますね。

 

仏教書を読むこともあります。

 

去年は法然、今は親鸞を読んでいます。

あとは規則正しい生活と栄養、運動。

健康寿命を延ばすためのリンパケアも毎日しているので、自律神経の乱れはないですね。

瞑想も付け加えようかな?

でも、面倒くさいな・・・(笑)

 

さて、この漫画にもありましたが、人が調子を崩す原因のNO.1は「不安」だそうです。

そして、その不安は「自らが生み出しているもの」です。

不安が恐怖になり、押しつぶされそうなときもあるでしょう。

 

メンターによると、人間が本能的に感じる恐怖は「高いところから落ちることと、大きな音に対して」だけだそうです。

それ以外の恐怖は自分で生み出しているのだそう。

 

翻って、自分の仕事は、

「親子の不安を取り除くこと。または、軽減すること。」だと思います。

塾や予備校は「不安をあおること」で集客してきました。

しかし、本当に望まれているのは反対です。

心して取り組んでいきたいと思います。