すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

コロナで経営大丈夫? 老人専門病院は患者が来なくてとても大変!

\読者登録していただけると嬉しいです/

コロナ禍で大変なのは、「コロナ患者を受け入れている病院」。

その他の病院・クリニックでは、閑古鳥が鳴いています。

とくに、老人専門のところはひどい。

がらっがら・・・・

患者より職員の方が多いくらい。(笑)

 

f:id:finesukusapo:20200720203016j:plain

 

働き盛りの者から見ると、この現象は大歓迎なのですよ。

なぜなら、発熱やちょっとした怪我などで内科や外科に行くと、朝から大繁盛でとても入れない。

診察までに長時間かかってしまいます。

原因は、「病院に来ることができる体力のあるお年寄り」(笑)

これが、けいれんを伴う発熱とか、大怪我などでは優先的に診てもらえるのですが、そこそこの状態だと

「若いから後回し」

「若いから後回し」

 「若いから後回し」

 

んんんんん???

 

それが、コロナ禍で一変しました。

病院ががらがら、とくに、老人が多いところは開店休業状態。

診てもらえるのが早いこと早いこと!!

 

しかし、これは病院にとっては大打撃。

とくに、老人専門病院ですね。

規模の小さいクリニックと違い、病院は大所帯です。

設備費も人件費も莫大な額になります。

 

昨年、東京女子医科大学病院で看護師のボーナスが出ない騒ぎがありました。

↓  ↓  ↓

www.asahi.com

 

人件費カットで対応していける程度ならばまだいい。

それ以上になった場合は、倒産も十分に考えられます。

↓  ↓  ↓

maonline.jp

上記の記事にもある通り、(以下引用)

全国的にも新型コロナウイルスの感染リスクを回避するために、高齢者を中心に通院を控える人が増えたとされる。5月に日本病院会など3団体が発表した「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査」によれば、4月の1医療機関当たりの医業収入は前年同期比10.5%減に落ち込んだ。

 

潰れてしまうと、患者が路頭に迷ってしまいます。

地方都市で、入院設備を持つところは負担が大きいでしょう。

10年以上かかってせっかく探した病院が無くなるなんて、本当に大変!!

また一から主治医を探さなくてはなりません。

不安がこみ上げてきますね。