すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

嘘の統計データは不要! 恣意的思い込みには反応しないことが大切です。 

\読者登録していただけると嬉しいです/

子育てをしているときに、臨床例1例だけで断定した保健師(当時は保健婦)に抗議したことがあります。

臨床例というかご自分の体験談1例だけで幼児を抱えた母親を指導しようとする、立場を利用したパワハラです。

海外の大手メーカーに県や市に抗議をしていただき、かつ、指導してもらいました。

 

ネットアンケートの嘘

エビデンスなしで、しかも数例の臨床例。

また聞きで、つまり一次情報としてあやふやなものでも、断定的な口調で論じると信憑性があるように見えます。

また、データも「呼びかけだけのtwitterアンケート」では、まったく信用できない。

そんなものを信じてアンケートに応じると害を被るので、協力なんて論外です。

アンケートによって自分の情報を握られてしまいますからね。

 

 f:id:finesukusapo:20210430181818p:plain

嘘の事例

最近、虚偽を煽って他人を巻き込む例がありました。

虚偽を正しておきます。

 

左が意図的に流布された虚偽→右が正しいもの

子ども食堂は子どもだけ→大人 (親やその他の大人)も受け入れているところが多い。

子どもだけだと来ることができない場合が多いですからね。

だいたい、夕飯の時刻に子どもだけで外出しますか?

そんなことしたら、補導されます。

それを知らないので、「子どもだけ」むなんてことを言うのでしょう。

 

②虐待の連鎖防止は大人のケアが先→虐待の連鎖防止は子どものいる親のケアが最優先

虐待は子どものいる家庭で起こるので、「親が育児を楽しめるような環境を整えること」です。

子育てしている人以外のケアは意味がありません。

「子育てをしている親を全力で応援する。」これでほとんどの虐待は防ぐことができます。

 

③虐待されると後遺症が必ず出て、後遺症により犯罪者も出やすい→出る人もいる。

後遺症の有無は、環境要因だけでなく、遺伝要因が大きくかかわります。

また、いじめや虐待を経験しても、逆境を跳ね返して成功している人も多いのです。

経営者育成セミナーでは、過去の辛い出来事を思い出させて、それをバネに向上させるシステムを組み込んでいるところが多いですよね。

全員が犯罪者になっていません。

 

ちなみに犯罪リスクが高くなるのは、遺伝要因、貧困、いじめや虐待・パワハラなどの環境要因の3つが重なったときです。

 

児童養護施設に保護されると幸せ→自由がかなり束縛され、高校卒業後に施設を出た後のケアがほとんどない。

そのほかに、児童養護施設出身という差別があります。

また、施設ごとに待遇が異なるうえ施設内いじめもあります。

 

虚偽の目的は、「自分に注目を集めたい」ため、意図的に被害者のようにふるまいアンケートを実施、その数で力があるように見せたいというものです。

アンケートの協力は利用されます。お気を付けください。