すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

貸与型奨学金=進学用借金 こんな人は借りてはいけない

\読者登録していただけると嬉しいです/

昨日の記事に、uwisizenさまから「貸与型奨学金は進学用借金と名前を変えたらいい」とのコメントをいただきました。

同感です。

そのものずばりですね。

 

f:id:finesukusapo:20200926221443j:plain

借金ということをはっきりと認識しておけば、返済計画もきっちりと立てられるでしょう。

また、返済計画の立てられない借金には貸さない。

これも原則中の原則です。

そもそも、貸し倒れの可能性のある相手に貸しますか?

 

貸し倒れにならないために、返済計画をきっちり提出させるほか、学部を限定したり、将来の職業まで想定していくことも大切ではないでしょうか。

教師になるため教育学部に進学は〇

医療従事者になるため大学や専門学校に進学するは〇

趣味のためや、就職先が確保できないと予想されるは×

という具合に。

 

「自然が好きだから、奨学金を借りて自然系の学部へ進学」なんていうのは、ダメ。

お金を借りるのならば、返す当てをつくる。

ほわ~んとした「夢見る夢子」では、自己破産にまっしぐらです。

 

夢は大切ですが、「あくまでも現実の延長線である」前提はもっと大切だと思います。

貸す側だけでなく、借りる側からしてもね。

 

とにかく、借りたものは早く返すことですね。

とくに、日本学生支援機構独立行政法人、つまり財源は国です。