すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

だからあんたは嫌われる! 自分の不幸を強調し、例外を要求する特権があると主張する【例外者】

\読者登録していただけると嬉しいです/

トラブルが絶えない人っていませんか?

 

先日持ち込まれたのは、

「小学校低学年から親子ともに嫌われている人からの嫌がらせや暴力」

小学校低学年からトラブルメーカーってひどいですよね。

 

でも、もっとひどいになると、幼稚園や保育園時代からトラブルメーカーというのもいます。

子どもがどうしようもないから、親を呼んで指導をと思うと、親も同類。

挙句の果てに祖父母も同類。

つまり、遺伝なのです。

遺伝での影響は6割以上ですからね。

遺伝での事象に環境なんて関係ない。

つまり、何かのきっかけさえがあれば、転落まっしぐらなのですよ。

本人たちは「環境のせい」にしますが、環境が変わってもトラブルメーカーなのは変わらない。

 

さて、この記事。

精神科医の指摘です。

今回の結婚反対騒動の要因は、相手方の母親の考え方や行動によるものです。

このような傾向を持つ人ならば、納得ですね。

 

jisin.jp

 

このような方を「例外者」というそうです。

自分の不幸を強調し、不幸だからこそ自分は例外を要求する特権があるとする性格類型です。

 

biz-journal.jp

 

みなさんの周りにもいませんか?

トラブルメーカーで、何かあれば不幸を強調して逃れようとする人が。

 

社会にでれば、出自は言い訳になりません。

全てが結果。それ以外は「作話」といい、忌み嫌われます。

それがわからないで「幼少時が~」や、「不幸が~」などと甘ったれたことを言って迷惑をかけている人を、日本国民が嫌ったということでしょう。

 

そして、恐ろしいことに、こういう手に結構しっかりした面倒見がいい人が引っかかるのです。

私も嫌な目に遭ったことがあります。

あっ、私だけでなく、虐待関係の運動に携わっている多くの人でしたね。

でも、一度そういう目に遭うと、迷惑をかけられた側は全員、そういう人間【例外者】を嫌うのよね。

だからあんたは嫌われる。

例外者は徹底的に嫌われて叩かれる。

でも、それは自業自得。

 

不幸は誰にでも起こる。

それを利用して温情をかけてもらい、そのうえで恩人を裏切る。

日本人はそういう行為を忌み嫌うのです。