すくサポキッズ

指導歴25年以上のプロが、効果がある学習教材やサポートグッズ、育児情報、親子の余裕のある暮らし方について発信しています。

東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法

\読者登録していただけると嬉しいです/

受験も近くなりました。

この時期につくづく思うのは、「勉強ができる子どもは、勉強ができるための学習をしている」ということです。

その逆も然り。

だからこそ、やみくもに努力するのではなく、先に方法を知っておくことはとても大切です。

 

東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法

 

脳科学」で、東大文Ⅱと理Ⅲに合格

以前、教える側が書いた本をご紹介しました。

その記事はこちらからご覧ください。

sukusapo-kids.hateblo.jp

 

本日は、実践者が書いた本をご紹介します。

なんと、東大に文Ⅱと理Ⅲと2回合格した方です。

しかも、医学博士です。

 

開成⇒東大のエリートコースですが、最初に文Ⅱ(≒経済学)で入学した後に生物学で脳の仕組みに興味を持ったそうです。

そこで医学部を志し、10月に仮退学して理Ⅲ(≒医学部)を受け直したとのこと。

受験勉強に費やせるのは、わずか4か月半。

そこで実践したのが「脳科学を応用した勉強法」です。

 

本書はそれらを基に、わかりやすい言葉で書かれているため、中学生くらいの方ならば読んで理解できます。

 

各章のご紹介

「受験生の悩み」の脳科学的解決法

やるきがでない、集中力が続かない、何から手をつけたらいいかわからない、なかなか覚えられない、とにかく焦ってしまう

 

などの、受験生特有の悩みに対して的確な答えが出ています。

それらが「経験値」ではなく、「医学的根拠」からの答えなので、効果が上がりやすい。

「集中力がない」という方には、ぜひ、本書の「五感を使った集中力の上げ方」を試してみてほしいです。

弊社でも、「速読聴」で集中力を高めていますが、全く同じ原理でした。

これは、どんなやんちゃな子でも「集中力」がつくという秘密兵器で、いつも

保護者が驚いています。

 

脳科学的勉強法の基礎

記憶の3つ性質である、「意味記憶」「エピソード記憶」「手続き記憶」。

集中力が長いか短いかで、どの記憶を使えば効果的に暗記できるかが提案できるそうです。

 

海馬での短期記憶から、1か月以上の長期記憶の側頭葉に塗り替えていくには、ただ暗記しているだけでは無理があります。

本書では、どのように長期記憶に残すのかの具体例が載っています。

 

各教科の脳科学的学習法

本書中、いちばん多くのページを割いて、各教科ごとの攻略法を説明しています。

特に、語学関係は詳しいです。

英語や国語で苦労している人は、一読をお勧めします。

教えている側からして、どの科目に関しても納得がいきます。

 

東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法